沿革

沿革

1949年(昭和24年) 山下眞三が日本製線㈱を設立。釘・鉄線の生産開始。
1951年(昭和26年) 釘、特殊釘と鉄線を国内及び東南アジア向けに生産。
          アメリカ向けの市場調査に着手。
1953年(昭和28年) アメリカ向けボックスネイル、ルーフィングの生産に着手。
1956年(昭和31年) 特殊釘新工場建設。
1957年(昭和32年) 鉄線・鉄丸釘のJIS表示許可を受ける。連続伸線機導入。
1958年(昭和33年) ルーフィングネイル製造開始。回転式着色炉導入。
1959年(昭和34年) 日線商事㈱設立。釘、針金の販売開始。
1960年(昭和35年) ビニコート鉄線開発、製法特許申請。太め鉄丸釘の製造開始。
          ビニコート鉄線工場建設。
1961年(昭和36年) ビニコート鉄線の販売開始。電気亜鉛メッキ製造設備一式完成。
          カラー鬼針金の生産開始。
1965年(昭和40年) HOT DIPPED GALVANIZED工場建設。
1966年(昭和41年) 螺釘工場を布市に設立。
1968年(昭和43年) ビニコート鉄線、カラー鬼針金特許取得。
1969年(昭和44年) ブラインドリベットの国産化に成功。
1970年(昭和45年) 創立20周年記念式典開催。新社屋完成。
          ニッセンホームフェンス㈱設立。
1972年(昭和47年) 日本製線㈱をニッセン㈱に商号変更し、新会社日本製線㈱を設立。
1973年(昭和48年) 韓国馬山市に韓国日本製線㈱を設立。
          米国向け特殊釘の生産開始。
1975年(昭和50年) サニーインダストリーズ㈱を設立。
1976年(昭和51年) 福崎工場拡張。ブラインドリベットの製造設備増設。
1977年(昭和52年) ブラインドリベット輸出開始。
1979年(昭和54年) 創立30周年記念式典開催。
1981年(昭和56年) サニーインダストリーズ㈱の事務所、並びに工場新設。
1983年(昭和58年) ニッセンホームフェンス㈱をニッセンファスナー㈱に商号変更。
1987年(昭和62年) 山下眞三社長が会長に、山下眞一が社長に就任。
1987年(昭和62年) 太め鉄丸釘JIS追加取得。
1988年(昭和63年) 新日本製鉄㈱釜石製鉄所内に東日本製線㈱を設立。
          特殊釘の生産開始。
1989年(平成01年) 創立40周年記念式典開催。社主立像建立。
1990年(平成02年) 日本製線㈱にサニーインダストリーズ㈱を吸収合併。
1991年(平成03年) ニッセン㈱クローズドリベットの生産開始。
1994年(平成06年) 創立45周年記念式典開催。
1995年(平成07年) ニッセンファスナー㈱移動式テント倉庫新設。
1996年(平成08年) 日本製線㈱自動ラック倉庫新設。
1999年(平成11年) 創立50周年記念式典開催。ニッセン㈱事務所新設。
          Sボルト販売開始。カラーネイル設備更新。自動選別機の増設。
2000年(平成12年) 布市工場売却、新石切駅前の土地取得。
          ニッセンファスナー㈱石切工場を売却、本社工場の隣接地を購入し、工場集約。
2001年(平成13年) ニッセンファスナー㈱ISO9001認証取得。
          日線商事㈱の一部営業権を
          ㈱ロブテックスファスニングシステムに統合。
2002年(平成14年) 肥後橋に「山下ビル」購入。
          土佐堀に「日本製線土佐堀ビル」購入。
          工場隣接地を購入。物流センター新設。
2003年(平成15年) ニッセン㈱のファスナー部門を分社化しニッセンリベット㈱を立上げ、
          ニッセン㈱はホールディングカンパニーとなる。
2004年(平成16年) 創立55周年記念式典開催。記念碑建立。
          ニッセンファスナー㈱画像選別1号機並びに5段フォーマー購入。
2005年(平成17年) 日本製線㈱ロッドヤード(テラスハウス)新設。
2006年(平成18年) 日本製線土佐堀ビル改修完了。
2007年(平成19年) チタン製ブラインドリベット開発。
          リベットはずしの「リベットール」開発。
          ニッセンファスナー㈱画像選別2号機を増設。
2008年(平成20年) ニッセンファスナー㈱6段フォーマー購入。
2009年(平成21年) 創立60周年記念式典開催。
          ニッセングループの歴史・展示物を紹介する「ニッセンミュージアム」を開設。
2010年(平成22年) チタン製ブラインドリベットが「東大阪ブランド」に認定。
          日本製線㈱連結工場新設。
2011年(平成23年) 世界初のシールドバルブリベットを開発し、特許を取得。
          ニッセンファスナー㈱自動部品倉庫新設。
          日本製線㈱テープ工場新設。
2012年(平成24年) ニッセンファスナー㈱が大阪ものづくり優良企業賞2012匠「優良企業賞」受賞。
2013年(平成25年) 日本製線㈱太陽光発電設備設置。
          ニッセンファスナー㈱画像選別3号機を増設。
2014年(平成26年) 創立65周年記念式典開催。
2016年(平成28年) シールドバルブリベットが「東大阪ブランド」に認定。
          ニッセンファスナー㈱工場新洗浄機設置。
          長田の「ニッセンビル」解体。
          日本製線㈱酸洗い廃止。
2017年(平成29年) ニッセンファスナー㈱製品倉庫増設。

ニッセングループについて

ページの上部へ